冷え性改善対策室 ~ 冷え性を改善するには TOP > Q&A >  【問】水は毎日どれくらいとるのがよい?

【問】水は毎日どれくらいとるのがよい?

【答え】 水分はなるべくとらない方がよいです。

水分をたくさんとってよい人は、激しい運動や労働をしいて、体が冷え性ではなく、よく汗をかく人だけだと思ってください。

体内に余分な水分が溜まっていればいるほど、「のどが渇く」という反応が体に起こります。
水毒というのは、水が必要な、脳細胞や筋肉・内臓の細胞には、水の配給がなされずに、胃や腸など袋やくぼみになっているところに水分が偏在している状態ですが、その為にのどが渇いていた訳です。
運動したりサウナに入ると、偏在していた胃腸の水が血液のほうに吸い上げられ、全身の細胞に行き渡るので、のどの渇きが止まります。

水分の適量は、ベスト体重を維持できる程度、小便が1日6~7回出る程度の量なのです。
具体的には毎食後のお茶1杯に、あとティータイムのお茶1杯くらいでしょう。
果物をよく食べる人は、お茶の回数と量をもう少し減らしましょう。

おすすめグッズ

夜用揉まれるはら巻き
寝ている間に着けているだけで、指圧効果で緊張したこしを揉みほぐし、温感作用で腰を温め、翌朝腰が軽くなる腹巻。
ぽかエコシート
電気を使わず経済的、環境&カラダにも、お財布にも優しい“ぽかエコシート”は、電源や石油なども使わず経済的 で清潔・安全な“ぽかぽかエコロジー”な暖房補助具です。
夜用揉まれるサポーター 足のむくみ 冷え 疲れに
マッサージと温浴効果で着けて寝るだけで翌朝足のむくみをスッキリ軽くするサポーター。
スリムクッション 足裏デトックスに
夜寝ている間に着けているだけで、足湯に入ったように足元がポッカポカになる足裏サポーター。
でる巻き 便秘解消腹巻き
ゲルマニウム+備長炭でお腹を温め、内臓の働きを助け、スムーズなお通じを促します。
にゃんともあったか湯たんぽ 経済的でかわいい暖房器具
本物のような子猫のぬいぐるみ型高級湯たんぽ。思わず抱きしめたくなる愛らしい子猫です。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

サイト内検索

お気に入りに追加

LINKS


    Warning: file(http://banraishop.com/linksitemanage/link/1153) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /virtual/taro/public_html/xn--r8j691h32j.kenko-daijiten.com/qa/post_118.html on line 273

    Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /virtual/taro/public_html/xn--r8j691h32j.kenko-daijiten.com/qa/post_118.html on line 275

サイトMENU

Copyright (C) 2007 冷え性改善対策室 ~ 冷え性を改善するには. All Rights Reserved.